スポンサーリンク

君は貯金が減り続けるだけの生活に耐えられるか?

お金問題

昨今、老後の貯金はウン千万円必要だのやたらと貯金を煽る記事が多いですね。

確かに貯金はある程度はしておいた方が良いのは当然だが

貯金に偏りすぎると精神的に消耗してしまうのではないかと感じます。

今回はそのことについて思っていることをぶちまけてみました。

記事タイトルだけだと投資を煽っているように見えますがメンタル的な観点から書いてみます。

スポンサーリンク

もともと貯金は国策

「江戸っ子は宵越しの金は持たない」という言葉があるように、こそこそお金を貯め込むのは粋ではない、という風潮もあり、貯蓄するという意識を持った者はあまりいませんでした。

江戸時代までは貯蓄をするという風潮はあまりなかったようです。

やがて明治になって郵便制度ができ、政府は郵便貯金制度を導入して、国民に貯金を奨励しました。それでもなかなか国民に貯蓄するという概念は定着しなかったようで、しかたなく金利を大幅に上げてみたりもしていたようです。やがて太平洋戦争に負けた日本は、その戦後復興のための資金を確保するために「救国貯蓄運動」を展開。昭和20年には「戦後ニ於ケル国民貯蓄増強方策」が制定され、政府は国民に対して貯蓄に励むように積極的に指導教育しました。戦費に充てるためにやたらに発行し買わされた国債に対して、人々は敗戦後にいっせいに換金に走ったのです。それに対応する為に日銀は紙幣を増刷しました。工場などは破壊されていたので、お金はあってもモノの生産はできず、戦後は強力なインフレに陥りました。その市中にあふれたお金の対応策としても、貯蓄は有効手段だったのです。

明治時代に政府は郵便貯金制度を導入したのが貯金というものが始まりのようです。

政府が貯金を推奨していたのは戦前、戦後の資金を調達するためでもあったようです。

このころは金利も上げていたみたいで貯蓄をする代わりに老後の生活が保証されているという状態だったことがうかがえます。

貯金ばかりではメンタルきつくない?

○○で1,000万円貯めた!!とか
年収300万円でも1,000万円貯めるコツ

とかいう記事をよく見ます。

それだけそのような記事に需要があるんだなぁと思います。

確かにある程度貯めるのは必要ですが、

1,000万円貯める目的は一体何なんでしょうか?

○○を買うとか留学資金とかもあると思いますが

やはり老後が心配だから

が多いじゃないかと思いますね。

それはそれでいいですが

貯金をすることに比重を置きすぎてその貯金を守りながら生活するのはメンタル的につらいんじゃないかと思ってしまいます。

貯金をすることだけに躍起になっているひとはたとえ何千万円貯めても老後の不安なんて消えないんじゃないでしょうか。

そのような人が定年退職して年金をもらって生活していたとしても、今まで貯めた貯金が減っていくという恐怖に耐えられないのでは?と感じます。

老後もお金が入ってくる方がメンタル的に良くね?

やはり老後も定期的にお金が入ってくるシステムはあった方がいいと思います。

若い世代は年金なんて貰えるかわからないし貰えても減額か貰える年齢が更に引き伸ばされる可能性もある訳です。

特に今の若い世代が貯金にばかり躍起になっていていざ定年退職した時に年金&今までの貯金に頼るのはお金を使う罪悪感ばかりが増しそうで怖いです。

お金が入ってくるからこそ気持ち良くお金を使えるというのもあるんじゃないかと思うのです。

投資でも株でも起業でもネットでもいいから定期的にお金が入ってくるシステムを労働以外に自分で作る力がこれから求められる気がします。

まとめ

定期的にお金が入ってくるシステムを労働以外に自分で作る力は正直言って若い世代以外にも必要になってくるのはもうすぐそこまで来ていると思います。

最近では経団連会長が「終身雇用は難しい」発言で分かってはいたけど

やっぱりそうなのかという気持ちになった方は多いんじゃないでしょうか?

これからは個の力が重要になりそうです。

スポンサーリンク
お金問題
スポンサーリンク
mekabuをフォローする
ろーどうぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました