スポンサーリンク

問い合わせフォームによくわからない英語のメッセージが来るのを防ぐ方法

WordPress
スポンサーリンク

ブログを始めるようになって1ヵ月半になったが・・・

ブログを始めるようになって1ヵ月半程経ちましたが

さほどアクセスがないのにお問い合わせフォームによくわからない英語で

のメッセージがよく来るようになってしまいました。

この他に3,4通程の英語のお問い合わせメッセージが来ました。

海外からはアクセスできない404設定にしていますがどうやら問い合わせフォームからメッセージが送れてしまうようです。

これを調べてみたらどうやらスパムメールらしいです。

やっぱりうっとうしいので対策したいわ~

今回はスパムメール対策としてWordPressプラグインContactForm7から「reCAPTHCHA」を設置しスパム行為を防ぐシステムを設定出来るので紹介します。

前提条件

ContactForm7を導入しお問い合わせフォームを設置し、最新バージョンにしていることを前提として進めて行きます。

お問い合わせフォーム設置方法はこちらを参考にしてください。

reCAPTCHAとは?

reCAPTCHAとはなんとわれらがGoogle先生が提供しているスパム行為を防ぐシステムなのです。

皆さんおなじみの「私はロボットではありません」と表示され、信号機や消火栓があるタイルを選択させるなどして判定するようです。

ちなみにこのチェックを入れるのはreCAPTCHA(v2)だそうです。

reCAPTCHA設置方法

管理画面⇒お問い合わせ⇒インテグレーションを開き、reCAPTCHAのgoogle.com/recaptchaにアクセスします。

この画面になったら右上のAdmin consoleをクリックします。

googleアカウントにログインしていない方はログイン画面が出てきます。
新しいサイトを登録するという画面が出てくるので
サイトの名前とreCAPTCHAタイプと登録するサイトのドメインを入力します。

今回、reCAPTCHAタイプは新しく登場したv3にしてみました。

このv3は今までv2にあったチェック項目が無くなり、自動でスパムを仕込むロボットかどうか判定してくれるそうなのでとりあえずv3にしました。

下の画面にreCAPTCHA利用条件に同意するにチェックを入れ、アラートをオーナーに送信するはそのままにし、送信をクリックします。

そうすると登録され、サイトキーとシークレットキーが出てくるのでそれぞれコピーします。

管理画面に戻りreCAPTCHAのインテグレーションのセットアップをクリックします。

サイトキー、シークレットキーのコードをそれぞれ貼り付け変更を保存をクリックします。

この画面が出てくれば設定は完了です。

確認してみると右端に出てきました。

まとめ

設定していた方はひとまずお疲れ様でした。

ようわからんスパムメールが頻繫に来る方はreCAPTCHAを設定してみてはいかがでしょうか?

なんとなくですがこれはかなり有効なセキュリティ対策な気がします。

スポンサーリンク
WordPress
スポンサーリンク
mekabuをフォローする
ろーどうぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました