スポンサーリンク

派遣は「面接」禁止な理由

働く

派遣社員として就業した事がない方は

何を言っているんだ?

と思われるかもしれませんが

派遣社員は「顔合わせ」や「職場見学」という形式で人事担当者と会っています。

しかし、実質「面接」であり、合否が存在しています。

正直言って、人事担当者も「面接」禁止であることをよく理解していない方が多く、結構プライベートな質問までしてくる場合が私の経験上多いです。

今回はなぜ「面接」禁止なのか?と「顔合わせ」時に聞かれたプライベートな質問等をまとめてみました。

スポンサーリンク

「面接」禁止の理由

派遣先用リーフレット 社団法人 日本人材派遣協会 より引用

具体的に言うと「顔合わせ」や「職場見学」時に派遣労働者を特定する行為は禁止されています。

この中に「事前面接」という項目が入っています。

これを見ると労働者保護の観点から雇用されているのは派遣元(派遣会社)なので派遣先は派遣先にとって必要な労働力かを判断するので

派遣労働者を特定する行為

  • 事前面接
  • 履歴書等の提出要請
  • 若年層に限ること
  • 性別を限定すること
  • 適性検査

などが禁止されています。

禁止されている行為を行った場合、派遣先に行政指導が入るようです。

派遣労働者が損害を被り告発すると派遣先が賠償責任を負う可能性もあります。

しかし・・・現実は

確かに派遣労働者に「面接」は禁止なのですがこの事をあまり理解していない人事担当者は本当に多いです。

「顔合わせ」時にご留意して頂きたい質問が並べられていますが

名前は普通に聞かれますし、どこに住んでいるのか聞かれたこともあります。

住所は通勤を心配してのことだとは思いますが。

前職の退職理由も聞かれました。

前職の退職理由は派遣労働自体、期間限定の働き方なので私は一般派遣にこのような質問をする意味がわかりませんでした。

長く働いてもらいたくても基本的に派遣は1つの部署に最大3年間なので。

(無期雇用は除く)

出身学校名自体は聞かれたことありませんが学歴やどこの学部出身かどんな事を学んでいたのかを聞かれたこともありました。

受けた職種は一般事務なのですけどね。

知り合いの既婚者の方は妊娠・出産予定聞かれたことがあるようですし

「顔合わせ」時はプライベートな質問をされる可能性が高いと思った方が良いです。

一緒に居合わせている派遣会社の営業もプライバシーに関わる質問をされた時、基本的にフォローしてくれません。

このような質問をするのはやはり派遣先もある程度人を選びたいのだなと思いました。

紹介予定派遣は「面接」あり

一般派遣は「面接」禁止なのですが

紹介予定派遣はハローワークや転職サイトでの応募と同様に履歴書や職務経歴書を提出したり、面接があります。

紹介予定派遣とは派遣期間を経て派遣先に直接雇用されることを前提とした派遣です。

派遣期間は最長6ヶ月です。

そこから派遣労働者と派遣先の両者の合意のもと直接雇用に移行します。

紹介予定派遣の面接自体は採用担当者と応募者の1対1で行われます。

派遣会社の営業は紹介予定派遣先まで来てくれるようですが営業と応募者の打ち合わせまでで一般派遣の「顔合わせ」のように同席はしないようです。

まとめ

これから派遣労働を考えている方はぜひこのような内容を知っておいて損はありません。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました