派遣社員の使われ方がやっぱりおかしい件

スポンサーリンク
派遣社員の日常

派遣社員として数社就業してきた私が派遣先に対して思うのは

やはり企業の派遣社員の使い方がおかしいんじゃないかということです。

今回は派遣社員の使い方についてもやもやしていることを出来るだけ文章にしていきます。

スポンサーリンク

派遣社員がやっている仕事を正社員では出来ない・分からない

派遣社員というのは元々、専門的な能力を持ったプロフェッショナルな人材を企業に派遣する目的として作られましたが、今現在は業界や職種未経験者でも派遣社員として就業できるようになりました。

しかし、私が以前、就業していた派遣先ではある仕事を全面的に派遣社員に任せていて、派遣社員しかわからない業務がありました。

仕事を教わる際にも派遣社員から派遣社員に教えるという会社としては職務放棄しているんじゃないかと思ってしまう職場でした。

同じ部署の正社員も派遣社員の仕事をすべて把握している訳ではなく、派遣社員がお休みの日は基本的に同じ派遣社員が休んだ人の仕事を担当していました。

派遣社員におんぶにだっこされているような部署でした。

正直に言ってこんな体制は会社として大丈夫なのかと思ってしまいました。

その就業していた派遣先の業務は当初、特定26業務に含まれていましたが、派遣法が変わり、特定26業務は実質、無期雇用だったのが、就業期間は一律3年になりました。

派遣法が変わったにも関わらず、以前の派遣先はその業務を長期的に行っていた派遣社員を直接雇用したり無期雇用にすることはしませんでした。

顔合わせ時に人事担当者が

出来るだけ長期的に働いて欲しい。

と言っているにも関わらず派遣法が変わっても直接雇用にも無期雇用にもしない派遣先に不信感が増して結局この派遣先は更新するのを辞めました。

派遣社員なのに仕事を習得する期間が長すぎる業務

ご存知の通り、現在の派遣法では派遣社員が働ける期間は一つの部署に3年です。

それなのにも関わらず派遣社員に一年単位で仕事を覚えて欲しいと求める派遣先も存在しています。

派遣会社の営業がボソッと言っていました。

派遣社員の仕事は主に3ヶ月更新が主流です。派遣先によっては1ヶ月や2ヶ月も存在しています。

それなのに一年単位で仕事を覚えろと派遣社員に要求するのは虫が良すぎます。

長期的に覚えなければならない仕事は正社員や契約社員を募集すれば良いのです。

会社の問題で長期的な雇用の保証ができないから派遣社員に無理難題を押しつけているのかもしれません。

派遣社員に求めるなら3ヶ月更新なら3ヶ月で覚えられる仕事を要求した方が良いでしょう。

正社員の雇用を維持するための要員

これは派遣社員だけではなく非正規雇用にも言える事ですが、正社員の雇用を維持するための雇用の調整弁として低賃金で都合よく使われている現状です。

本来なら有期雇用ならば解雇のリスクも踏まえて正社員雇用よりも高賃金で雇うはずなのですが、日本では未だにこれが浸透していません。

例えるならAmazonのお急ぎ便を使うのは確かに急いでいる人には便利ですが、その分追加料金が発生します。

便利に都合よく使いたいならそれなりの料金を払うのが時短サービスなどでは当たり前ですが、雇用に関してはそれが通用していません。

そして2020年の4月から大企業を中心に同一労働同一賃金が始まるので正規雇用と非正規雇用の格差解消につながれば良いのですが、正規雇用と非正規雇用の格差に対する人々の意識はすぐにはなくならないでしょう。

しかし、ここに来て大企業を中心に早期希望退職という名のリストラはどんどん増える一方ですね。

こうなってくると人々の労働に対する固定観念が変わるのも時間の問題とも言えるでしょう。

まとめ

企業の派遣社員の使い方がやっぱりおかしいとつらつら書いてきましたが、来年の同一労働同一賃金や早期希望退職などをきっかけに少しずつ派遣社員だけに関わらず非正規雇用のあり方も変わる可能性を感じています。

この変化の激しい時代に今までの労働体制では確実に衰退のスピードを速めるだけだと思います。

スポンサーリンク
派遣社員の日常
スポンサーリンク
mekabuをフォローする
ろーどうぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました