スポンサーリンク

派遣社員しながら副業をオススメしたい理由

働く

これから増々、企業が人件費を渋れば渋るほど副業が求められる訳ですが

いざ、副業をしようとしても特に土日休みの正社員は働き方改革中とは言え、

なかなか定時に退勤できる人はそんなに多くないはずです。

ノー残業デーがあったとしても仕事持ち帰りしている方もいるんじゃないでしょうか?

そうなると、仕事で疲れて副業に打ち込める時間も減ってしまいます。

今回は派遣社員しながら副業をオススメしたいポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

アルバイト・パートより時給が高い

アルバイトやパートで稼ぐよりも基本的に派遣の方が時給が高いです。

派遣は交通費のでない仕事が多いですが、自宅から近ければその分交通費も浮くので

アルバイトやパートより多く稼げます。

田舎基準なのであまり参考にならないかもしれませんが、同じ仕事でパートよりも派遣の方が時給が150円ほど違ったりもします。

定時で帰れる仕事が比較的多い

基本的に残業が少ない仕事が多いので余力を副業の方に注ぎやすいです。

残業になったとしても派遣社員は残業代は働いた分出ます。

正社員でも残業代が満額出る会社はもう少なくなっています。

なので派遣社員に残業させるとかえって派遣料が高くつくのを分かっている会社は派遣社員に残業させなかったりします。

大抵の派遣会社は副業を認めている

多くの派遣会社は本業に支障をきたさない範囲での副業を容認しています。

派遣会社側はあまり声を大にして言っていないですが。

しかし、ス○ッフサービスは副業禁止とそこから派遣されている人が言っていました。

正直言っておかしいと思います。

派遣期間は最長3年ですし、会社で何かあると自分に非がなくても派遣切りされる事もあるのに副業禁止なのはス○ッフサービスに都合が良すぎます。

でも副業している方は探せばいそうですがw

 

正社員でも副業を認める動きがありますが、まだまだ副業に取り組んでいる方はそう多くない気がします。

やはり会社にばれたら気まずいですし。

で、どこの派遣会社が良いの?

どこの派遣会社にしようか迷うところですがまずはやってみたい仕事を優先した方が良いと思います。

様々な派遣会社の求人が見れるリクナビ派遣

リクナビ派遣なら全国の様々な派遣会社の求人が閲覧できるので

やりたい仕事が見つけやすくてオススメです。

複数の派遣会社のサイトを行き来しなくて済むのは便利です。

応募バロメーターがあるはたらこねっと

はたらこねっとも全国の派遣会社の求人が検索、応募できるのでオススメです。

はたらこねっとに掲載されている求人に応募バロメーターがあるので

どの求人に応募が殺到しているか分かりやすくて良いですね。

まとめ

理想的なのは正社員で定時に帰れて副業できる環境なのですが、

仕事の責任が重く、帰宅したら疲れて何も出来ない可能性が現時点では高いんじゃないかと思います。

副業に打ち込みたい方、労働時間をコントロールしたい方は検討してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました