派遣社員は職場にお土産を持っていくべきなのか?

スポンサーリンク
派遣社員の日常

ここ最近、有給休暇や長期休みに旅行などに行った際に

お菓子やお土産を持っていく慣習が面倒だ。そんな習慣なくなってほしい‼

と思っている人が増えているようです。

【参考】 実録・職場へのおみやげ地獄から抜け出せない! “同調圧力”に屈しなかった30代女性の反撃とは

このお土産を職場に持っていく習慣はまだ人々に金銭的にも精神的にも余裕があった時代なら不満を抱えつつもまだなんとかなっていたのだと思いますが、今の時代では人々の心に余裕がないため、頻繫に職場にお土産を持っていくのは特に若い世代には金銭的にも精神的にも苦しい事でしょう。

これが派遣社員なら尚更です。

今回は派遣社員でも有給休暇や連休でお菓子やお土産を持っていくべきかについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

元々、派遣社員は就業先とはドライな関係である

元々、派遣社員は派遣会社に雇用されている状態であり、派遣会社が紹介した就業先で労働をします。

派遣会社と派遣先で雇用契約を結んでおり、派遣社員が派遣先で働くのは間接雇用という事になります。

なので派遣社員と就業先は派遣会社との契約で成り立っているので直接雇用よりは明らかにドライな関係です。

派遣先の社員が

派遣社員さんも仕事仲間なので

と気を利かせてくれたりするのはありがたい事ですが、行き過ぎると派遣社員は複雑な気持ちを抱えることになります。

正社員と同じ仕事をすればするほどこの葛藤を抱えやすいのです。

仲間と言えども社員と雇用関係が違うし、所詮、派遣社員なんだよなぁ・・・

基本的に派遣社員は派遣先にお土産を持っていくような関係性ではない

先程の派遣社員と派遣先の関係性を考えた上では

本来、派遣社員は派遣先にお菓子やお土産を一々気にしなくていいはずなのです。

どちらかと言うと派遣会社側と派遣先が契約を結んでいるので派遣会社側が何か差し入れのようなものを持って行っても良いはずです。

実際にそうしているかもしれませんが。

そう考えると派遣社員は派遣会社の人にお土産やお菓子を持って行ってもおかしくはないのですが、そうしている派遣社員はあまりいないんじゃないでしょうか。

そもそも派遣会社の人と面談するのも特に就業に問題がない限り、多くても1ヶ月に1回あるかないかぐらいです。

派遣会社の人にお菓子やお土産を持っていく派遣社員は私の周囲ではまだ聞いたことがありません。

それでも気になる派遣社員はたま~にお菓子を持って行くぐらいでいいのでは?

派遣社員はお菓子やお土産を気にしなくて良いと言っても有給休暇を取って旅行などにいった場合、休んだ分の仕事を誰かが担当してくれた時に何かお土産を持って行かないと気まずい空気になることもあり得ます。

その場合でも有給休暇を取る度に毎回お土産やお菓子を持っていく必要はないと思っています。

気にしてしまうのであれば毎回持っていくのではなく、例えば2~3回有給休暇を取ればそのうち1回はお土産を持っていくなどすれば就業先の従業員と気まずくなる可能性は減るでしょう。

金銭的にキツイのであれば代わりに仕事を担当してくれた人にささやかなお土産を渡すくらいで良いと思います。

最低でも派遣社員がお菓子を持っていくのは就業先で長く働いた場合のみで最終出勤日に持っていくぐらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。

持って行きたくない場合はそれでも良いと思います。

むしろ派遣社員にそこまで要求するのは酷です。

まとめ

基本的に派遣社員は職場にお菓子やお土産を持っていく義務はないです。

どうしても派遣先との関係を気にする方でもたま~に持っていくくらいで充分です。

一々気にしていたら金銭的にキツイだけなので。

それで咎めるような派遣先はどうかしています。

派遣社員でお菓子やお土産について悩んでいる方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました