スポンサーリンク

ライスワークとライフワークの狭間で

働く

ある時、私はふと思いました。

mekabu
mekabu

ライスワークはほどほどにしてライフワークはそれなりに楽しみたい・・・

ライスワークとはその名の通りご飯を食べていくための労働であり、世の中の大多数の人々はライスワークをしています。

ライフワークとは人が生涯の仕事として人生を捧げたテーマのことだそうです。

ライフワークはどちらかというと自分らしく表現し、楽しんでやる仕事という印象を受けました。

それがお金になるかならないかはその人次第思っています。

本業+副業と少し似ているなぁと思いました。

今回はそのことについて考えたことを書いてみました。

スポンサーリンク

ライスワークに追われ過ぎると体に悪い

やはり世の中の大多数の方々はこの「ライスワーク」で生計を立てていると思われます。

仕事内容自体は嫌いでなくても仕事における人間関係や会社という組織に嫌気が差している方は多いのではないでしょうか?

あとは待遇に納得がいかなかったり。

特に新卒で就活して会社に就職しても自分が希望している部署に行けるとは限りません。

面接では希望部署を聞かれるのにも関わらず。

私が就活していた時もこの事はいろんな企業から散々言われてきました。

なので普通に就職して会社で仕事をする=ライスワークになりやすいと思います。

※すべての人がそうだと言っている訳ではありません。

 

そんな状態で仕事をしているとやはりメンタル的にも良くないですよね。

↑ここにも書きましたが昔と違って今の時代は仕事をすればするほど給料天引きが増え、手取りが減少しているので一生懸命働いたにも関わらず、労働に対して給料が割に合わないと感じやすいです。

そうなるとメンタル病む人も増えるのではないでしょうか?

ライフワークは相当努力しないとそれだけでは生活できない

youtuberの宣伝にも書いてありましたが、

「好きなことで、生きていく」

確かに好きなことで生きていけたらどんなに自分にとって有意義な人生を送れるのだろうと羨ましい限りです。

しかし、現実は好きなことだけでは生きていけません。

好きなことで生きていくためには好きでないことや少々苦手なことをしないとそれだけで生活していける程のお金を得ることが出来ないと思っています。

「好きなこと」のために寝食を忘れる程の努力をしないと成り立たないです。

人気なyoutuberは並大抵の努力ではここまで来れないと思います。

「好きなこと」の好き度合いによっては「好きなこと」が嫌いになってしまう可能性もあります。

 

話がそれますが、テレビCMで

「頑張らない介護」という言葉を見かけますが

その「頑張らない介護」のために頑張らないと「頑張らない介護」は手に入りません。

何もしないで「頑張らない介護」を手に入れることは出来ません。

やっぱりバランスが大事

やはりみんながみんな「好きなことで、生きていく」

という生き方は不可能です。

みんながみんな相当に好きなことがあったら、競争は激しくなるばかりで収益を得るyoutuberすら成り立たないかもしれません。

ビジネスって基本的に先行者利益の部分があります。

資格を取得したからと言って供給過多になると資格取得した全員が稼げる訳ではありません。

私みたいな凡人は健康を損なわない程度に本業をこなし、本業に支障をきたさない程度の副業をして生活するのが今のところの最適解だと思っています。

まとめ

ここまでやや脱線しながら書いていきましたが、

改めて私は「好きなことで、生きていく」がどれだけ難しいことなのかを痛感しています。

その中で最適解な生き方を見つけていければと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました