災害とHSPと私

スポンサーリンク
HSP

実は私、先日の台風19号で家族と家は無事でしたが、住んでいる地域に避難指示が出て近くの学校に避難していました。

私にとっては初めての経験で慣れない状況で精神的に辛い状態になってしまい、避難レベルが下がり帰宅したら体調を崩してほぼ一日寝込んでしまいました。

少し前に自己診断ですが、診断テストでHSP中程度だと知り、今回の経験で

mekabu
mekabu

もしかしてこれはHSPの性質が出たのでは?

と思いました。

mekabu
mekabu

いやいや考え過ぎだろ。

なんでもかんでもHSPと結び付けるのはどうなのか?

と考えましたが、どうやらHSPの特徴として予期せぬ災害などが起こったらメンタル的に調子を崩しやすいらしいのです。

今回は過去の災害で体調を崩した経験をお話します。

スポンサーリンク

その1.台風19号

一番最近だと体調を崩した災害は台風19号です。

過去最大級の台風だと言われ、気象庁や自治体などが「命を守る行動を」と警告し、実際に河川が氾濫したり、堤防が決壊したりなどして多くの犠牲者を出した台風でした。

参考 台風19号 死者86人 行方不明者8人に NHK NEWS WEB

長時間にわたり雨が降り続き、近くの河川が増水していく模様をライブカメラで見ていましたが、いつもの雨が降った後の河川の様子とは明らかに増水具合が違い、スマートフォンが災害情報の通知で頻繫に鳴り響くのでその度に不安が増大していきました。

そして、警戒レベルが5に引き上げられ、避難指示が出たので夜9時過ぎに近くの学校へ避難しました。

この段階では特に体調に変化は見られませんでした。

近くの学校に避難して体育館で持参した毛布を掛けて寝ようとしましたが、慣れない環境でスマートフォンで頻繫に災害情報が鳴り響き、河川の状況や周辺の状況がどうなっているのか気が気でなかったのでほぼ寝られませんでした。

そして早朝、河川の状況が落ち着いたらしいので家に帰りました。

家に帰るまでは寝られなかったものの、体調に変化はありませんでした。

家に帰り、テレビで災害情報を見て、朝食を食べてから避難所で寝られなかったので家で数時間寝ていました。

そして、夕方ごろに起きて災害情報をテレビやネットでチェックしていたのですが、しばらくすると吐き気を催してしまいました。

熱もなかったので風邪ではないと思いますが、その日はもう何も食事が喉を通らず、布団に入って寝るしかありませんでした。

その次の日には回復しましたが、災害がきっかけでここまで体調を崩したのは初めてです。

私が住んでいる地域は何事もなかったのにこれで体調を崩すってなんてメンタル弱いのだろうと流石に落ち込みました。

その2.東日本大震災

台風19号ほどではありませんが、東日本大震災でもメンタル的に辛かったことがあります。

私が住んでいる地域も地震で揺れが起こりましたが、被害が出るほどではありませんでした。

テレビでの連日の報道が震災関連一色で地震の被害や津波の被害を見れば見るほど心がついて行かなくなり、被災者ではなくてもかなりメンタルがしんどくなりました。

見れば見るほど心がしんどくなるのでなるべくテレビでの報道を見ないようにしていました。

それしか自衛手段はありませんでした。

体調やメンタルの調子を崩した原因

言うまでもありませんが、体調やメンタルの調子を崩した原因は慣れない避難所での待機とメディアの災害情報を見過ぎたのだと思われます。

台風19号でも東日本大震災でもメディアの災害情報を連日見てしまったがために体調を崩してしまいました。

しかも上記の災害は自分でも肌で被害を感じたので余計に体調を崩す羽目になったのだと思います。

HSPの人はメンタルに影響を及ぼすのでなるべくテレビなどの災害情報を見ない方が良いと言われています。

↑繊細の森という私が以前、ブログで「繊細さん」の本の紹介をしましたが、その本の著者の武田友紀さんらが中心となって活動しているHSPの方向けのサイトです。

この繊細の森というサイトでも災害のニュースを見る時は自分の目に触れる情報を精査した方が良いと書かれています。

確かにHSPの人は共感能力が高いと言われているので、災害報道でのショッキングな映像を見てしまうとメンタル的には辛いはずです。

しかし、今回は台風19号の直接的な被害に遭うか遭わないかの瀬戸際だったので、災害情報の収集は欠かせないものでした。

このような時は私よりもさらにHSPの気質が出やすい人にはかなり精神的にキツイんじゃないでしょうか。

本当に必要な情報を精査し、余計な情報は見ないようにするのは災害に遭いそうな時にはかなり難しいです。

一歩間違えるとHSPの人は体調に異変が起こるかもしれません。

災害に遭いそうな時、HSPはどうすればメンタルを守れるのか?

災害に遭いそうな時HSPの人は情報収集も必要ですが、本当に信頼できる災害情報に絞ったほうが良さそうです。

あれこれテレビやネットの災害情報を見ないで最低でも2つまでに絞るなどしても良いと思いました。

私はテレビもそうですが、心配でTwitterや他のサイトまであれこれ見てしまい、体調を崩すことになったとも言えるので今後、災害が身近に起きたら情報収集するのは最低限にとどめておきます。

後は、もし避難所に駆け込むことになったらHSPの人はアイマスクや耳栓を用意するのが良いかもしれません。

耳栓だと柔らかくて入れやすく、ドラッグストアによく置いてあるサイレンシアがオススメです。

耳の穴が小さい方にはSサイズもあります。

ドラッグストアを見るとSサイズはあまり見かけない印象ですね。

HSPは慣れない避難所の空気に過敏になってしまい、メンタルや体調を崩す原因になるかもしれないので、強制的にシャットダウンできるものがあると良いと思いました。

まとめ

災害で体調を崩したことや原因や対策まで振り返ってみましたが、ここまで振り返って思うのは

自分の身を守れるのは自分しかいない

ということを今回の台風19号で痛感しました。

今後もこのような災害が起きる可能性があるので日頃の備えは大切だと身に染みました。

スポンサーリンク
HSP
スポンサーリンク
mekabuをフォローする
ろーどうぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました