スポンサーリンク

仕事を教える時の心構え

働く

どんなに仕事の能力や経験がある人でも

転職して新しい会社に入ったら、その会社独自の仕事の仕方があるので、先に入社した先輩社員に仕事を教えてもらわないと仕事を遂行することが出来ません。

その教育係の人の教え方が最悪なパターンが結構見受けられます。

今までの経験上、人に教えることが明らかに向いていない人にかなり遭遇してきました。

それでもその自覚がある人が懸命に教えてくれるのならまだ良いのですが、教えることに向いていないという自覚がなく、少しでもミスするとすぐに新人を「使えない」扱いする人がいて恐ろしいとすら思いました。

今回は今まで受けてきた私の経験と、人に仕事を教えるときに心に留めておいた方が良いことを書いてみました。

スポンサーリンク

教えたこと1回で覚えなさい!!

派遣で専門職として就業した時、指導係の派遣社員(この時点でちょっとおかしい)に私が担当する仕事を教わりましたが、その人が最初からかなり高圧的な人で

先輩派遣社員
先輩派遣社員

教えたこと1回で覚えなさい!!

と言ってかなり高速でまくし立てるように説明し、メモも取らせてくれず、よくわからないので質問すると

先輩派遣社員
先輩派遣社員

それさっき言ったよね?

と私が質問する度に私を追い詰める言動をしてきました。

かなりストレスになりながらも最初は自分が悪いんだと思いながらやっていましたが、後で私の前に入ってきた派遣社員がこのお局先輩派遣社員の教え方に不満で喧嘩した後、すぐに辞めたという話を聞き、

mekabu
mekabu

やっぱりあの人の教え方まずいよね~

と納得しました。

そのお局先輩派遣社員の教え方は今でもいじめに近いと思っています。

あとから聞きましたが、他の派遣社員の人もその先輩派遣社員が私に教えているところを見て教え方がひどいと思っていたようです。

それから別の担当になって教えてくれた人は・・・

それから人の入れ替わりで別の担当になり、そこで仕事を教えてくれた人はまた派遣社員でした。(なんかおかしい)

mekabu
mekabu

またあんなお局派遣社員みたいな教え方だったらやだ

な・・・

と思っていましたが、今度は仕事の流れをきちんと説明してくれて、わからないことを聞いても嫌な顔せずに教えてくれて安心しました。

人に仕事を教えるのは私も経験していて大変なのはわかりますが、誰でもできる訳ではなくやっぱり向き不向きがあるのがよくわかりました。

そして私が教育係になり・・・

そしてその後、私はその派遣先で両手に収まらない程の人の教育係を務めました。

その中には正社員や耳の聞こえない障がい者雇用の方にも仕事を教えていました。

(辞めたあとでやっぱりおかしいことに気付きました。)

私は例のお局派遣社員みたいな教え方だけはしたくないと思い、優しく丁寧に数回聞かれても嫌な顔しないようにしていましたが、あまりにも同じことを聞かれたり、何回か教えて出来ていたことが何日後かに出来なくなり振り出しに戻った時にはさすがにイライラをぶつけながら教えてしまいました。

やっぱり人に仕事を教えるのは根気がいりますし、それをさらっと上手に仕事の流れを教えられる人はすごいと思います。

仕事を教えるのが下手なことを自覚して教える

自分を含め、本当に仕事の教え方が上手な人は経験上、あまりいないと思っています。

仕事を教えるとなると少々、たどたどしくなったり、説明が二転三転してしまう方が多いように感じます。

教えるのが上手くないことを自覚し、誠実に新人に教えて行く姿勢を見せることが大切です。

新人は先輩の教え方が上手くないのをわかっているかもしれませんが、誠実に教える姿勢を見せることでその姿勢が伝わり、新人も早く仕事を覚えようとしてくれるのだと思っています。

まとめ

予備校講師みたいに教え方が上手な人はあまりいないと感じますが、

人を教える時は決して意地悪な教え方はしたくないものです。

教え方が下手なことを自覚して臨んだ方が良いでしょう。

スポンサーリンク
働く
スポンサーリンク
mekabuをフォローする
ろーどうぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました