スポンサーリンク

サイトマップを設定する方法

WordPress

今までブログ更新を優先していたせいで

大事なサイトマップの設定を思いっきりスルーしていました。

サイトマップの設定をしていないとGoogle先生にコンテンツを素早く認識してもらえず検索結果に反映しにくいのだそうです。

今回はサイトマップ設定に必要なプラグインとGoogleサーチコンソールにサイトマップを追加する方法を紹介します。

スポンサーリンク

サイトマップとは?

サイトの情報(どのようなサイトでどのような情報をいつ更新したのかなど)を伝えるファイルです。

サイトマップ設定に必要なプラグイン

サイトマップ形成に必要なプラグインは「Google XML Sitemaps」というプラグインです。

このプラグインを使うとブログ記事更新の際に自動でサイトマップを生成し、

さらにサイトマップが生成されたらこれまた自動で検索エンジンに通知してくれる便利なプラグインです。

設定方法

プラグイン⇒新規追加⇒「Google XML Sitemaps」でキーワード検索して今すぐインストール⇒有効化します。

設定⇒XML-Sitemapをクリックします。

基本的な設定

3つすべてにチェックを入れます。

上の2つにチェックを入れればブログ更新するたびにGoogleやBingに通知され、早くインデックスされやすいようです。

「サイトマップのURLを仮想 robots.txt ファイルに追加 」 にチェックを入れると、サイトマップの場所を検索エンジンに正確に伝えることができるらしいです。

投稿の優先順位

「優先順位を自動的に計算しない」をクリックし自動的に優先順位が決められないようにします。

要するにSEO対策です。

Sitemapコンテンツ

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める。

の4つにチェックを入れます。クロールの最適化になるようです。

含めないカテゴリー

 

サイトマップに掲載したくないカテゴリーとページを選択できます。

投稿(個別記事)を含めないにはサイトマップに掲載したくない固定ページのIDを入れます。

IDは例えばお問い合わせフォームだと

固定ページ⇒お問い合わせフォームにカーソルを置くと左下にURLが表示されるので

そのURLに表示されている数字がIDです。

この場合、IDは43です。

更新頻度の設定

ここはデフォルト設定のままにしてあります。

優先順位の設定

1.0(非常に重要)~0.1(ほとんど重要ではない)

の範囲で設定できます。

私の好みにしているため、あまりあてにならないと思いますのでどんな数値が最適なのかは他の方のブログやサイトをご覧ください。

基本的なGoogle XML Sitemapsの設定はこれで終了です。

Googleサーチコンソールにサイトマップを送信

Googleサーチコンソールにログインします。

※Googleアカウントとサーチコンソールを取得・登録していることを前提とします。

インデックスのサイトマップをクリックし、新しいサイトマップの追加でサイトマップのURLを入力します。

この時に自分のブログのURLだけで送信ボタンを押してしまったら

送信されたサイトマップにはエラー表示が出てしまいます。

新しいサイトマップの追加にはURLの後にsitemap.xmlと入力し、送信ボタンを押してください。

xmlとはGoogle XML Sitemapsで作成したXML形式のファイルの事です。

サイトマップが送信されたらこのような表示が出ます。

サイトマップ送信が成功すると「成功しました」と表示されます。

まとめ

サイトマップは必ず作成しなければならない訳ではありませんが

一回設定してしまえばブログ更新した際にすぐに検索エンジンに認識してくれやすいので余裕があったら設定してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました