スポンサーリンク

利子付き奨学金はやめとけ

お金問題

最近、国は家族4人目安で年収270万円以下の家庭に返済不要の給付型奨学金を支給するというニュースが流れました。

これはこれで大学へ行きたいけどお金が足りずに行けない人には喜ばしいニュースですが

返済不要の給付型奨学金対象外の家庭で大学へ行きたいけど学費が足りない人は

奨学金を借りて大学へ行く方も多いと思います。

今回は利子付きの奨学金を借りて大学へ行ったが思いもよらないことが起き、

今尚、返済でヒーヒーな私の失敗談を交えながら

特にこれからの時代は余計に利子付き奨学金をオススメしたくない理由をお話しします。

スポンサーリンク

利子付き奨学金返済について

今現在、私は日本学生支援機構の利子付きの第二種奨学金を毎月滞りなく返済しております。

毎月約3万円で途中で繰り上げ返済をしつつ、まだ返済額はありますが、残りも少なくなってきました。

私が大学へ行けたのは確かに親の協力と日本学生支援機構のおかげですが、それでも月々の返済は大変です。

月々の返済がキツイなと感じるのは金利がボディーブローのように効いてくるからなのです。

借りた金額と利子付き返済額

ここで私が借りた金額と返済額は詳細な利率は割愛しますが

借りた金額

月10万円×12ヶ月×4年=480万円

返済金額

480万円×利率1.0=約532万円

利率1.0%の場合約52万円の利息を払うことになります。

日本学生支援機構HPで返還シミュレーションができます。

返還の際の利率は利率固定方式と利率見直し方式がありますが、利率は利率固定方式は貸与終了時の経済状況により利率が決まり、

利率見直し方式は約5年ごとに利率が見直されます。

私が卒業した時は丁度リーマンショックが起こって1年程のまだ経済が混乱していたせいか他の年度に比べて利率は高めです。

ここ最近は低利率で羨ましい限りです。

返済はやっぱり楽ではない

私の場合、大学卒業がリーマンショック後と重なり就職活動がうまくいかず就職先が決まらないまま卒業しました。

このような状況になってしまったら尚更返済はつらくなって行きます。

私はもう「自己責任」で非正規雇用で働いているのでどう思われてもいいですが

就職が決まらない+利子付きの奨学金のダブルパンチはなかなかキツイものです。

 

例え現時点で正社員だとしても給料上がらない+ボーナスもさほど貰えない

となるとこれも返済が大変になります。

利子付き奨学金をオススメしない最大の理由

私が特に利子付き奨学金をオススメしたくない最大の理由は

  1. 例え就職先が決まったとしてもリストラに遭う可能性が高まった
  2. 今後年収が更に下がる可能性がある

という2つの理由です。

1.は皆さんもご存知の通り終身雇用の維持が難しいからです。

大学卒業の場合、20年で奨学金を返済することになるのですが

今、大企業を中心としたリストラは45歳以上が多いので返済は大丈夫かもしれないですが

今後リストラ対象の年齢がどうなるかわかりません。

やはり繰り上げ返済で利息を減らしていくに越したことはありません。

 

2.は今年4月にスタートした働き方改革で残業規制が入るなどして正社員だとしても

収入が今後下がる可能性があるからです。

さらに今すぐではないですが20年後には月収10万円時代に入っていくと言われています。

正直言ってもう地方のハローワークに載っている企業は正社員でも手取り10万円程度がちらほら出てきています。

なのでもうすでに地方では月収10万円というのは現実味を帯びて来ています。

まずは返済義務のない給付型奨学金を目指せ!!

どうしても奨学金が欲しいのなら

まずは返済義務のない給付型奨学金を探したほうが良いです。

やはり給付型奨学金は親の収入や子供の成績が加味されるので枠はかなり限られていると思います。

給付型奨学金がダメなら日本学生支援機構の利子が付かない第一種奨学金に応募したり、自治体の奨学金、行きたい学校独自の奨学金制度などに申し込むなどして

できるだけ利子の付かない奨学金を得た方が返済を考えたときに良いはずです。

ちなみに私は日本学生支援機構の第一種奨学金の応募条件に満たしていたので応募しましたが落選してしまいました。

第一種奨学金の枠もあまり広くはなさそうです。

利子付き奨学金は最終手段として考えた方が良いです。

まとめ

とにかく利子付き奨学金はこれからの時代声を大にしてオススメしません。

進学する方はよく調べて奨学金を検討してください。

スポンサーリンク
お金問題
スポンサーリンク
mekabuをフォローする
ろーどうぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました