スポンサーリンク

ワードプレスのバックアップ方法

WordPress

私、mekabuはまだまだブログの記事数が少ないことを良いことにお恥ずかしながらバックアップを取っていませんでした。

mekabu
mekabu

ワイはまだブログ更新に力入れたいんや

まだやらなくてもよかばい

ですが20記事に到達したため、さすがにバックアップを取らないとブログデザインのカスタマイズをして失敗した時に大変だと思いやっとのことでバックアップを取りました。

本当は10記事に到達した時にバックアップを取っていた方が安全だと思います。

今回はWordPressテーマブログ記事のバックアップ方法を紹介します。

スポンサーリンク

WordPressテーマのバックアップ方法

バックアップは大きく分けて2つあります。

まず1つはWordPressテーマのバックアップです。

Cocoonでのテーマの場合、とても簡単にバックアップができます。

Cocoon設定⇒バックアップで

バックアップ⇒バックアップファイルの取得をクリックします。

テキスト形式のファイルで保存されるのでご自分のPCに保存してください。

ブログ記事のバックアップ

プラグインを使ったブログ記事のバックアップ方法を紹介します。

 

プラグイン⇒新規追加でBackWPupと検索し今すぐインストールボタンをクリックしたら、そのまま有効化ボタンをクリックします。

このような同意画面が出てくるのでYes,I agree.をクリックします。

そうしたらダッシュボードにBackWPupが出てくるので新規ジョブを追加をクリックします。ここでは新規バックアップの設定を行います。

まずは一般タグをクリックします。

このジョブの名前はとりあえずわかりやすい名前にしておきましょう。

名前はバックアップする頻度にしておきました。

このジョブは…の部分はデフォルトのままにします。

アーカイブ形式(保存される圧縮ファイルの形式)はWindowsの場合Zipを

Macの場合Tar GZipを選びます。

バックアップファイルの保存方法はフォルダーへバックアップにチェックを入れます。

   画面の下の方の変更を保存ボタンを押します。

スケジュールタブを開いてジョブの開始方法をWordPressのcronにチェックを入れます。

実行時間をスケジュールでスケジューラーの種類を基本にします。

スケジューラーは頻度、何曜日、何時にバックアップをするかを設定します。

この場合は毎週、日曜日、深夜3時にバックアップをするという設定です。

頻度は毎月では不安なので毎週が良いでしょう
サーバーの負荷にならないようにアクセスの少ない深夜にバックアップするのがオススメです。
設定が終わったら変更を保存をクリックします。
続いてDBバックアップを開き、バックアップするテーブル、バックアップファイル名はデフォルトのままにします。
バックアップファイルの圧縮をGZipにします。
終わったら変更を保存をクリックします。

次にファイルタブを開いて赤枠内はデフォルトのままにします。

テーマのバックアップは使っていないテーマにチェックを入れます。

私の場合はCocoonを使用しているのでそれ以外の使っていないテーマ全てにチェックを入れています。

設定が終わったら画面下の変更を保存をクリックします。

mekabu
mekabu

これでバックアップの準備は整いましたぞ~

設定確認

BackWPup⇒ジョブを開いてちゃんと設定できているのか確認します。

次回の実行にバックアップの日にちがあればちゃんと設定できています。

バックアップを実行する

設定確認できたらすぐにバックアップを開始できます。

ジョブ名 週1バックアップの下の今すぐ実行をクリックします。

しばらくするとジョブ完了と表示されます。

バックアップデータのダウンロード

BackWPup⇒バックアップをクリックします。

バックアップしたファイルが出てくるのでダウンロードをクリックしPCに保存します。

Zip形式で保存されますがPCの容量が重い場合は外付けHDDやUSBメモリに保存した方が良いでしょう。
ちなみに私のブログの場合、容量はブログ20記事で約80MBありました。

まとめ

長い過程になってしまいましたがここまでお疲れ様でした。

お役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました